2024年度 勉強会

第1回 2024年2月13日 テーマ『マンション評価の新通達の概要と実務への影響について

   (2023年9月 国税庁長官「居住用の区分所有財産の評価について(法令解釈通達)」)

  昨年、当勉強会では『いわゆるタワマン等節税の可否』(2022年4月19日最高裁判決)についてとりあげました。
  そして、当該判決は、社会に次のような影響をおよぼしました。
  • 市場価格とマンション評価額の乖離に対する社会的批判(購入可能な富裕層のみが得をする)
  • 課税の公平性を図る等の必要性
  これらの状況を踏まえ、国税庁は当該評価に関する通達を見直すことになり、2023年9月国税庁長官より「居住用の区分所有財産の評価について
  (法令解釈通達)」が発せられました。
  そこで今回は、この通達の概要を把握するとともに、実務へどのような影響をおよぼすのかについてみなさんと検討いたしました

 

 

★2024.2.13勉強会補助レジュメ_final.pdf
PDFファイル 3.1 MB

セイワ不動産鑑定株式会社

〒231-0012 

横浜市中区相生町1-15

第2東商ビル4D

 

TEL:045-228-7351

代表/受付時間9~18時)

 

email;seiichi.kikuchi3@gmail.com

 

休業日

日曜日、祝日 

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください